2006年12月14日

松坂大輔・レッドソックスと合意でボストンへ

松坂大輔投手が難航した交渉の合意に至り、レッドソックスの本拠地ボストンの空港へ、レッドソックスのプライベートジェットで降り立ちました。

交渉は土壇場で最終合意に進み、12日正午すぎに始まった松坂大輔投手レッドソックス側の交渉は5回に分けて行われ、延べ16時間にも及んだという。

担当のボラス氏が初めて1100万ドル(約12億8700万円)の契約金で合意、当初は1500万ドル(約17億5500万円)を希望していたらしい。

レッドソックスから西武に支払われた契約金は60億円とも伝えられ、今回の契約金と合わせて日本の対米黒字の月間の1/10にも達するという。
※日本の対米黒字は月間1000億円前後。

松坂大輔投手は14日にボストンで身体検査を受け、正式契約する見込み。
※日本とアメリカでは時差があるので日付が異なる。
posted by UBIK at 08:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。