2006年12月11日

狂犬病やマラリア

日本では狂犬病やマラリアは、あまり見聞きしない病気ですが、近隣のアジア諸国では現在進行形です。
天然痘は世界で撲滅されたことになっていますが、生物兵器として使われたら恐ろしいことになります。
社会の機能が麻痺することは避けられない事態に陥ることでしょう。

狂犬病は犬などの動物に噛まれたり、傷口を舐められたりして感染します。
マラリアは蚊を媒介して感染します。
東南アジアのジャングルに行くときは、マラリアの予防接種を保健所で受けて行くほうが無難かもしれません。
もちろん、アジアのリゾートアイランドに行くときも同じです。
いちどマラリアに感染してしまうと完治は困難です。

日本の温泉施設や老人ホームでもレジオネラ菌の感染による死亡事故が報告されています。

ノロウイルスの病院内の院内感染の危険性もあります。

どうやって身を守れば良いのか?
一番簡単な方法は人と接触しないことです。
駅やデパートなど人ごみを避ける。
満員電車には乗らない。
電車のつり革や家や仕事場のドアノブに触れたら手を洗う。
家に帰ったら手洗い・うがいを励行する。

少しでも何かやばいと思う場所には近ずかないことですね。

それにしても、山に行って一人で山を降りようとして遭難って……。
全ての事故は過信から生まれると思います。

「焼き肉のたれ」で3週間生き延びる

>西宮市によると、打越さんは10月7日、六甲山頂で同僚ら15人とバーベキュー。終了後「一人で歩いて下りる」と同僚に告げて別れた。下山ルートを探して歩いていたところ、足を滑らせ斜面に転落、骨盤を骨折し動けなくなった。
posted by UBIK at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々是好日
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]
tag

※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29449828

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。