2006年12月02日

『フィギュアスケート NHK杯』ショートプログラム

フィギュアスケートNHK杯ショートプログラムの結果は以下の通りです。

浅田真央 61.95点
村主章枝 61.92点
中野友加里 56.86点

浅田真央は演技中に中指を切るアクシデントに見舞われるもノーミスで演技を終えて日本歴代第1位の成績です。
村主章枝は安定した演技で2位。
中野友加里は珍しく得意のスピンでバランスを崩して3位でした。

このまま日本選手3名で表彰台を独占するのか?
今日のフリースタイルも注目です。

livedoorニュース『真央SP首位発進!ファイナル王手』

livedoorニュース『真央ぶっち切り首位発進/フィギュア』

livedoorニュース『真央日本新!自己ベスト更新69.50点……フィギュアNHK杯第2日』
posted by UBIK at 18:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュアスケート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]
tag

※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。