2007年02月15日

エラいところに嫁いでしまった! 第6話 感想と視聴率

井戸から怖い女が出てくる映画「リング0 バースデイ」主役の仲間由紀恵と、実生活でも新婚でタイムリーな谷原章介が主役のテレビドラマ「エラいところに嫁いでしまった!」今回は実家の改築と古井戸にまつわるストーリーです。

※ネタバレ注意

山本君子(仲間由紀恵)は磯次郎(谷原章介)の実家の改築と古井戸のお払いのために、再び実家を訪れる。
君子は取材で千里眼を持つという僧侶から、水にたたられていると指摘され、お払いをしないとたたられると言われて急遽、実家に来た。
志摩子(松坂慶子)は、君子の「同居する気はない」という気持ちをわかっているんだか?わかっていないんだか?

守山由美(濱田マリ)は子供を連れて実家に出戻り、いつもの通り険悪な雰囲気だったが、嫁と姑の話でなぜか意気投合。

しかし、志摩子(松坂慶子)は相変わらず勘違いしてるのだった。

こういう家族間の行き違いや誤解は現実にもよくあることで、しかも相手がいくら言っても本音で話しても理解できないことがあり、そういうときは絶望的な気分を味わいますね。
自分も家族や親戚から誤解を受けてる部分があり、家族の悪いところもわかっていて、しかもそれを指摘しても相手が理解できない、聞く耳も持たないこともわかっているので、あきらめ気分でほっといてます。口で言っても相手が理解できないのでは、どうしようもありません。
そんなわけで、このドラマはフィクションでありながら、現実生活も大なり小なり似たところがあるな、と思わせます。

「エラいところに嫁いでしまった!」視聴率
第1話 しきたり披露宴 16.1%
第2話 しきたり大葬儀! 14.8%
第3話 女正月!嫁の反撃 12.7%
第4話 私が出馬!?大選挙 14.1%
第5話 大ゲンカ親孝行!? 11.3%

かつての「下北サンデーズ」と同じ時間帯で、とんねるずの「みなさんのおかげでした」や「橋田寿賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり」を裏番組にしつつ、視聴率10%越えは見事です。
流石は仲間由紀恵です。

テレビ朝日「エラいところに嫁いでしまった!」
posted by UBIK at 22:27 | Comment(0) | TrackBack(4) | テレビドラマ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。