2006年12月20日

グランプリファイナルエキシビジョン

今夜は亀田興毅(20=協栄)と同級1位ファン・ランダエタ(28=ベネズエラ)とのWBA世界ライトフライ級王者を賭けた試合があるわけですが、テレビ朝日はロシアの「グランプリファイナル・エキシビジョン」の放送をします。
むさい男の野蛮な殴り合いよりは、銀盤の美の競演を見たいと思う視聴者も多いことでしょう。

ただ、一部でノロウイルスの影響か?と噂されてる通り、試合中に体調を崩した安藤美姫高橋大輔はエキシビジョンを欠場しています。
まぁ、体調が回復しても同じリンクで滑りたくないと思いますが。
エキシビジョンでは、浅田真央ちゃんと村主章枝の「スグリ・ワールド」を楽しみにしたいと思います。

選手の食事は全員で大広間だったり、選手を乗せたバスが予定より2時間遅れて会場に到着したり、おかしな大会でした。

ウィンタースポーツで、現在のところ日本が唯一、世界に誇れるのがフィギュアスケートなので、やはり万全の状態で試合に臨んで欲しいと思います。

それにしても、スノボーの成田童夢今井メロって今どこでどうしているのやら?
トリノオリンピックの惨敗以降、全くメディアから消えましたね。
posted by UBIK at 16:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュアスケート
2006年12月18日

グランプリファイナル 残念な結果に

フィギュアスケート・グランプリファイナルは想定外の結果に終わりました。

演技の途中から苦しそうに顔をゆがめて見せ場のストレートラインでのステップシークエンスでも足が動かない高橋大輔
風邪が悪化してたようです。本人も演技の途中で棄権を考えたとか。
ノロウイルスでしょうか?

おなかが痛くなってしまい、3回転ジャンプを決められなかった安藤美姫

直前の安藤美姫の失敗に動揺したのか、風邪をひいていたのか、ジャンプのミスが目立つ浅田真央

結果として、韓国のキム・ヨナが1位、浅田真央2位、サラ・マイアーが3位。
男子はフランスのブライアン・ジュベールが1位、高橋大輔2位、織田信成3位という結果でした。

惜しくも1位は逃しましたが、男女共に表彰台に昇ったのは立派だと思います。おめでとう!

テレビ朝日「フィギュアスケート・グランプリシリーズ2006」
posted by UBIK at 15:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュアスケート
2006年12月14日

松坂大輔・レッドソックスと合意でボストンへ

松坂大輔投手が難航した交渉の合意に至り、レッドソックスの本拠地ボストンの空港へ、レッドソックスのプライベートジェットで降り立ちました。

交渉は土壇場で最終合意に進み、12日正午すぎに始まった松坂大輔投手レッドソックス側の交渉は5回に分けて行われ、延べ16時間にも及んだという。

担当のボラス氏が初めて1100万ドル(約12億8700万円)の契約金で合意、当初は1500万ドル(約17億5500万円)を希望していたらしい。

レッドソックスから西武に支払われた契約金は60億円とも伝えられ、今回の契約金と合わせて日本の対米黒字の月間の1/10にも達するという。
※日本の対米黒字は月間1000億円前後。

松坂大輔投手は14日にボストンで身体検査を受け、正式契約する見込み。
※日本とアメリカでは時差があるので日付が異なる。
posted by UBIK at 08:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ
2006年12月11日

狂犬病やマラリア

日本では狂犬病やマラリアは、あまり見聞きしない病気ですが、近隣のアジア諸国では現在進行形です。
天然痘は世界で撲滅されたことになっていますが、生物兵器として使われたら恐ろしいことになります。
社会の機能が麻痺することは避けられない事態に陥ることでしょう。

狂犬病は犬などの動物に噛まれたり、傷口を舐められたりして感染します。
マラリアは蚊を媒介して感染します。
東南アジアのジャングルに行くときは、マラリアの予防接種を保健所で受けて行くほうが無難かもしれません。
もちろん、アジアのリゾートアイランドに行くときも同じです。
いちどマラリアに感染してしまうと完治は困難です。

日本の温泉施設や老人ホームでもレジオネラ菌の感染による死亡事故が報告されています。

ノロウイルスの病院内の院内感染の危険性もあります。

どうやって身を守れば良いのか?
一番簡単な方法は人と接触しないことです。
駅やデパートなど人ごみを避ける。
満員電車には乗らない。
電車のつり革や家や仕事場のドアノブに触れたら手を洗う。
家に帰ったら手洗い・うがいを励行する。

少しでも何かやばいと思う場所には近ずかないことですね。

それにしても、山に行って一人で山を降りようとして遭難って……。
全ての事故は過信から生まれると思います。

「焼き肉のたれ」で3週間生き延びる

>西宮市によると、打越さんは10月7日、六甲山頂で同僚ら15人とバーベキュー。終了後「一人で歩いて下りる」と同僚に告げて別れた。下山ルートを探して歩いていたところ、足を滑らせ斜面に転落、骨盤を骨折し動けなくなった。
posted by UBIK at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々是好日
2006年12月07日

NHK杯 男子スケート放送予定日 高橋大輔・織田信成・小塚崇彦

12月8日(金)夜7:15〜9:00に、NHK-BS1で「NHK杯 男子シングル」の放送があります。
高橋大輔織田信成小塚崇彦の演技をようやくジックリ観賞できます。
今年のNHK杯・グランプリシリーズ日本大会は、男子・女子共に日本人が表彰台を独占するという史上いまだかつてない快挙を成し遂げました!
おめでとう!ニッポン!(*^ー゚)b グッジョブ!!

また12月9日(土)午後4時から浅田真央村主章枝中野友加里の出場した女子シングルを含めた総集編の放送もあります。
今季で引退の渡辺心・木戸章之アイスダンスの放送もあるでしょうか?
シングルだけではなくて、全ての演技の放送をして欲しいところです。

今後は澤山璃奈(さわやま りな)&水谷太洋のアイスダンスに期待が集まります。
沢山璃奈は07東レ水着キャンペーンガールも務めるなど精力的に活動しています。
これまで陽の当たる機会の少なかったアイスダンスに期待のかかるペアです。

【今後の放送予定】
12月9日(土) NHK総合 午後4:00〜5:29 総集編 録画
12月10日(日) NHK-BS1BS1 午後3:10〜9:00 女子シングル、エキシビション 録画
12月17日(日) NHK-BSハイビジョン 午後2:00〜3:29 総集編

2006NHK杯国際フィギュアスケート
posted by UBIK at 11:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュアスケート
2006年12月03日

フィギュアスケート大国ニッポン!

1位浅田真央、2位村主章枝、3位中野友加里
フィギュアスケートNHK杯で日の丸が三つ揚がるのは史上初めてのことです!
ばんざーい!ヽ(▽ ̄ )乂(  ̄▽)ノ ばんざーい!

NHKも表彰台で女子3選手と三つの日の丸を入れたアングルに苦心してるし(・∀・)

それにしても、浅田真央ちゃんは身長伸びましたね。
三選手の中で一番身長が高かったような?
NHKの放送で164cmと表示されてた気がしますけど、公式ページでは162cmです。
おそらく162cmでしょう。キム・ユナ安藤美姫と同じくらいの身長です。

浅田姉妹公式サイト

そして、今の採点方式になってからイリーナ・スルツカヤを抜いて、浅田真央ちゃんが世界第一位の199.52点でNHK杯第1位!
ゴシゴシ(-_\)(/_-)三( ゚Д゚) ス、スゲー!

村主章枝が179.31点で2位、中野友加里が160.93点で3位、ここでもしキミー・マイズナーキム・ヨナが出場していたら、また順位も違ったかもしれませんが、日本大会では勝てるはずがないと有力選手が席を外したのでしょうね。
ロシアのアリーナ・マルチノワの長い手足を生かしたスパイラルとか見応えありました。

浅田真央ちゃんは、今後ジャンプだけでなくスパイラルやスピンも改良していきたいとのこと。いつ200点を超えるでしょうか?
バンクーバーも楽しみです(*^o^*)

イリーナ・スルツカヤサーシャ・コーエンは引退したのでしょうか?
バンクーバーでの日本のライバルはキミー・マイズナーエミリー・ヒューズキム・ヨナあたりでしょうか?

NHKは高橋大輔織田信成も放送して欲しいです。

スポニチ『GO!アスリート 浅田真央』

浅田真央、ファイナル進出条件“優勝”をクリア/フィギュア・NHK杯

<フィギュアGP>浅田が初V 2位の村主とファイナルへ

<フィギュアGP>浅田真央が歴代最高得点で初V NHK杯

NHK杯フィギュア・日本女子が独占
posted by UBIK at 00:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュアスケート
2006年12月02日

『フィギュアスケート NHK杯』ショートプログラム

フィギュアスケートNHK杯ショートプログラムの結果は以下の通りです。

浅田真央 61.95点
村主章枝 61.92点
中野友加里 56.86点

浅田真央は演技中に中指を切るアクシデントに見舞われるもノーミスで演技を終えて日本歴代第1位の成績です。
村主章枝は安定した演技で2位。
中野友加里は珍しく得意のスピンでバランスを崩して3位でした。

このまま日本選手3名で表彰台を独占するのか?
今日のフリースタイルも注目です。

livedoorニュース『真央SP首位発進!ファイナル王手』

livedoorニュース『真央ぶっち切り首位発進/フィギュア』

livedoorニュース『真央日本新!自己ベスト更新69.50点……フィギュアNHK杯第2日』
posted by UBIK at 18:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュアスケート
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。